株式会社リプラス
株式会社リプラス
外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の必要性は、外壁に塗料を塗ることによって、塗膜が形成されて、その塗膜が外壁材から雨水が浸入するのを防ぎお家を守っています。

外壁塗装の塗り替えは、「どんな塗料か」「どのくらいの塗装面積か」で費用は変わります。

世の中には、高額な見積もりを出して、相場より高い金額を請求してくる業者や、突然訪問して施工を急かす業者もいます。

騙されないためにも、ご自身で事前に外壁塗装の知識を把握しておきましょう。

塗装の種類

塗料には、品質の違いのほかに「油性塗料」と「水性塗料」の違いがあります。
ペンの水性と油性のようなもので、「油性塗料」はシンナーなどの有機溶剤で塗材を希釈して使う塗料で、外壁にしっかり密着するため、耐久性は高くなります。「水性塗料」は水で希釈して使う塗料のため、臭いが少ない代わりにやや密着性に劣る傾向があります。
弊社ではお客様のニーズに沿った塗料を幅広く揃えております。

塗料の種類
耐久年数・価格相場早見表
※環境により耐久年数は大きく変動します。耐久年数はあくまで目安であり当社が保証するものではございません。

外壁塗装の時期

見て、触ってわかる外壁塗装時期のサインがあります。
このような現象が発生したら外壁塗装をオススメいたします。

チョーキング現象

チョーキング現象

Chalking

チョーキング現象とは、外壁塗装面の劣化現象の一つです。

塗料に含まれている成分が紫外線や熱、風雨などの自然現象により劣化しチョークのような粉が出てきてしまう事です。

チョーキングしやすい箇所は、日当たりの良い南側や、強い西日が当たる面、常に紫外線の影響を受けやすい2階、3階の壁や、日影が出来ないバルコニー等です。

粉の色は基本的には白ですが、外壁の色に似たカラーの粉末が手に付着する場合、チョーキング現象である可能性が非常に高いです。

手や服が触れた際に汚れるくらいで、見た目には特に影響がなさそうに見えますが、チョーキング現象が出たら外壁塗装を検討するサインと言われています。

クラック・剥がれ

Crack

外壁塗装のひび割れは、1つの原因で生じるとは限りません。

複合的な原因で、ひび割れが生じることもあります。

主な原因は経年劣化ですが、車の振動や地震の影響も少なからずあります。

幅0.3mm程度であれば「ヘアークラック」と言いひとまず経過観察でも問題はありませんが、雨水が侵入するなど多きな問題にも直結するので定期的にチェックしましょう。

ひび割れは放置するほど、進行して幅も広がっていき、ますます雨水が浸入しやすい状態となる可能性があるため、ひび割れが幅0.3mm以上の場合は、早めに補修をすることをオススメします。

クラック・剥がれ
侵食(コケ・カビ)

侵食(コケ・カビ)

Erosion

コケの発生は、風に飛ばされたコケの胞子が壁面や屋根に付着する事でおこります。

特に劣化した外壁に胞子に付着すると、より湿気を吸って成長をします。

コケは、水分や胞子などの栄養分があるとどんどん増えていきます。

特に温度や雨などで湿度が上がる箇所は繁殖が早いため、劣化して防水性が低下した外壁や屋根に含水率が増えるとコケが増えやすくなります。

コケをやカビは水を含む性質を持っているため、放っておくと、仕上げ材の塗膜膨れや剥離が発生する可能性もあります。

悪化する前に早めの対処をオススメします。

-最後に-

劣化だけじゃない!
外壁塗装の様々なメリット

家を建てても10年位経つと紫外線で外壁の色が剥げたり、目地の痛みや汚れが目立ってきたりします。
塗り替えを行うことで、新築の頃と同じような鮮やかな外観の美しさを取り戻すことが可能です。
また元の色とは違う色で塗り直すことで、家の雰囲気を変えて、イメージチェンジもすることができます。

塗装をしないデメリットは、劣化を放置すると、建物そのものを痛めてしまう可能性があることです。
そうなると塗装では補修できなくなり、貼り替えなどの大掛かりなリフォームが必要になり、施工金額も大変高くなってしまいます。

外壁塗装の大切さやメリットを紹介しましたが、外壁塗装のデメリットはとくにありません。
あえてお伝えするならば、外壁塗装の効果は永久的ではないので、定期的な塗り替えが必要になるという事です。

外壁塗装の助成金・補助金

多くの市区町村では、「省エネ住宅改修補助金」「住宅リフォーム資金助成」などの制度で、外壁塗装が対象になっています。

太陽光を反射する新しい機能性塗料である「遮熱性塗料」での外壁塗装だと助成金の対象としているケース、支給条件として工事費◯◯万円以上、市区町村内の業者が施工することなど、細かい条件が指定されているケースがあります。

基本的な条件を設定している自治体がほとんどですが、特殊な条件などもあるので、自治体のホームぺージで事前にチェックしておきましょう。

Contact us

お問い合わせ